2019
4
Oct

礼文島での日々

♯18 24歳成人男性。礼文島で全財産が273円になる。

前回のブログで、「仕事が終わったら夕日を見に行って、そのまま星を眺めるような生活をしている」と書いた。












今回はそんな男に襲い掛かった悲しいお話である。













男は、家賃を収めるために銀行に来ていた。





ちなみに礼文島にある銀行は稚内信金のみ。

悲しいかな。ここは礼文島だと言うのに、稚内の銀行しかないのである。



(え〜と、まずはお金を引き出して・・・)



慣れた手つきでATMから現金を引き出し、無事に家賃を収めた。


そして、講座残高が記された。






その刹那




目の前に現れた光景に顎を外した。











・・・え?




え、え〜と、、、

これは273万円ということかな?


それとも見間違いかな?



男の額にはダラダラと冷や汗が流れ、足がガクガクと震えていた。

しかし何度見直しても講座に刻まれた数字は273から変化することはなく、

これは紛れもなく

あんたは今これだけしかお金を持っていないんですよヘヘン

ということを示しているのである。









うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!







メロスは男は激怒した。




大の大人の全財産が273円て!!




一体全体何がどうしてこうなったんだ!!!!!





と、礼文島に来てからのお買い物を振り返ってみる。




















そういえば礼文島に来たばかりのころ・・・




男(プロカメラマンになるんだったら、フルサイズのカメラ2台は欲しいよなあ・・・)




(一台が壊れたら取り返しがつかないことになるし、2台目のサブカメラが欲しいなぁ)


男のメインカメラはSONYのα7Rⅲで、これも十分良いカメラではあったが、プロカメラマンになるならサブ機が必須だと考えていた。






(でも看護師も辞めて給料も下がるしぁ)




そんな風に迷っていたある日。


ニョキ!!!


なんと、朝起きると枕元にカメラが生えていた。


男は大いに喜んだのであった。


⬆️生えてきたカメラ














またある時男は



(礼文島の風景を動画に収めたいなぁ)




と考えていた。



すると・・・





ニョキニョキ!!!






礼文島の花を撮るためにマクロレンズが・・・


ニョキニョキニョキ!!




礼文島の雄大な自然をダイナミックに写すには広角レンズが・・・



ニョキニョキニョキニョキ!!




突然レンズが生えてきて喜んでいる男。







そうして

念ずればレンズ生える

という摩訶不思議な現象が起こるたびに





どういうわけか

日々の主食は焼肉のたれになっていた。








そんな中、メインカメラのα7Rⅲが三脚から落下して故障した。

だけどこれもSONYさんに送ったら

完全に修理されて帰ってきた。




不思議なこともあるもんだ。

ふ〜んふ〜ん。



・・・ふ〜ん。。。




って阿保かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!




もっと計画的にお金使わんかーーーーーーい!!!



マジで今こんなお財布事情ですが、なんとか生きてます笑



(あ、完全に僕のお金使いがアホなだけで、仕事とかに対する文句は全くないです。礼文島最高。)









 
コメントは利用できません。