2019
29
Sep

礼文島での日々

♯11 アツモリ感謝祭!!

おはようございます!!





本日、2019/09/29の礼文島は気温19度。

残暑見舞いを申し上げたいところですが・・・寒い!!

ということで

ストーブをつけました笑

礼文島より残暑見舞い申し上げます。どうもひさみつです^^




(もうどこにも暑さ残ってない。。。そもそも礼文島暑い日なんてなかったぞ。。。)





さて本日は、礼文島で毎年

5月30日と5月31日の二日間に渡って行われる。

アツモリ感謝祭について

お話していこうと想います!







説明しよう!アツモリ感謝祭とは!!

礼文島の代表的な花

レブンアツモリソウ

その開花を祝う礼文島のお祭りである!!




レブンアツモリソウとは礼文島を代表する花の固有種で

平安時代の武将、平敦盛の母衣に形が似ていることが名前の由来らしい!




ちなみに本州に咲くアツモリソウは

赤いボディが特徴


それに対してレブンアツモリソウは白色・クリーム色をしていて、珍しいそうです^^




このレブンアツモリソウは毎年5月下旬から6月の中旬に咲く花で、

この花を見に全国からたくさんの観光客が来たりします。




そして礼文島のマスコットキャラクター

あつもん

一応礼文島公式サイトに紹介文があったので抜粋してみる。


レブンアツモリソウの妖精です!

礼文島に住む人たちと礼文島を訪れる人たちが大好きです。

心に幸せの種を持っています。


性別は妖精なのでありません。

妖精なので森の中や草原にすんでいて、性格は優しくて穏やかなのんびり屋さん。

礼文島の澄んだ海、海、空が大好きで、

自然を壊されることや、幸せの種が壊れてしまうので叩かれることが嫌いらしいです。




そんなあつもん。どうやらTwitterもやっているみたいです。

マスコットキャラクターのくせになかなかに近代的・・・。





あつもんとレブンアツモリソウ



さあ、そんなこんなでアツモリ感謝祭です。

開催地は礼文島の北部にあるレブンアツモリソウ群生地。



参加者には礼文島の昆布を使った昆布茶を振る舞います。

あつもんも楽しそうに参加!



多くの観光客が訪れます。

みんなでレブンアツモリソウの写真撮ってる!

今年も綺麗に咲いてくれたし、たくさんの人に見てもらえてよかったなぁ。










以前のブログ

で登場したアクティブレンジャーのつださんがあまりにも良い笑顔だったので撮らせて貰いました^^

後に稚内からマックのハンバーガーを届けてくれる人です。










アツモリ感謝祭は2日間に渡って行われます。

礼文島は国立公園なので、

礼文町、環境省、林野庁など、国の様々な場所が関わっていて、みんなで島の自然を守っています。




このレブンアツモリソウ。数年前に盗掘が相次いたおかげで、

数が非常に少なくなり、今では絶滅の恐れもあるそうです。



種の保存法による特定国内希少種および北海道の天然記念物に指定されています。

礼文島の自然を守るための「礼文島リボンプロジェクト」一口1,000円からで、募金してくれた方にはバッチをプレゼントしています。







豊かな自然がたくさんある一方で、貴重な高山植物を盗もうとしたり、立ち入り禁止の場所に入り込む人たちも少なくありません。




これからも未来永劫、礼文島の自然が守られるといいなぁ^^





https://twitter.com/lIke_bird27/status/1139710350847139841

ちなみにこの時の映像がテレビで紹介されました!

動画の部分を撮影させて貰いました^^




 
コメントは利用できません。